後藤 慎吾

UPDATE
2017.02.28

その他

困難を乗り越えた先に見えるもの

昨年の夏から取り組んできたプロ向けファンドの法規制に関する本の執筆は、本日ようやく校正を終えました。この4月には、いよいよ出版される予定です。この法規制は複雑であり、また取り上げるべき内容も広汎にわたるものでしたが、できるかぎり基本から平易に説明することに腐心しました。自室にこもって一日中資料を読み込んだり、夜遅くまで仕事をしたあとに徹夜で原稿を書いたりと、ほとんど休むことなく作業を続けた8カ月間でした。自分なりに努力を重ねてここまで漕ぎつけることができたので、あとは読者の方の評価に委ねたいと思います。

 

執筆期間中に何度も思い出されたのが、司法試験の受験生だったときのことです。当時の司法試験は現代の科挙といわれるくらいの狭き門でした。合格率は3%を割っていました。私も、合格するまで、朝起きてから寝るまでのほとんどの時間を法律の勉強に費やすという生活を3年続けました。1年に1回しかない試験なので、不合格だとまた1年間同じことを繰り返さなければならないと思うと必死です。ただ当時、それほど辛く感じることはありませんでした。「なりたい自分になる」という目標の実現に向けて自分は正しいことをしているという自負があったからこそ、過酷な状況でも意外と楽しく過ごすことができたのだと思います。

 

人は困難を克服する過程で成長するものです。そのハードルが高ければ高いほど、人はそれを乗り越えようとがむしゃらに努力する。その努力を通して得られた知識・経験・自信といったものがその人の成長の証しなのだと思います。翻って考えてみると、受験生時代に頭の中に叩き込んだ条文と法的思考は今となっては私にとって大切な財産ですし、また、あの3年間を乗り越えられたのだから、努力すれば大概のことはできるんじゃないかな、と思えるようにもなるわけです。普段は自堕落な生活を送っている私ですが、時折こういった困難に直面すると何故だかわくわくしてしまうのは、過去の経験から、それが成長できるチャンスだとわかっているからなのだと思います。

 

ただ、司法試験の受験生をしていた当時は独り身でしたが、今は妻子を持つ身。執筆期間中は「パパ、一緒に遊ぼー!」と言ってちょっかいを出してくる娘・息子を振り振り払いながら執筆に打ち込んできたので、家族をないがしろにしてしまった反省もあります。そういうわけで、当面の間は「困難」はほどほどに、家族サービスに精を出さないとな、などと思案しつつ、先ほど久しぶりにワインのボトルを開けました。今宵はほろ酔い気分の中でしばし解放感に浸ろうと思います。

 

 

 

荒巻 慶士

UPDATE
2017.01.31

その他

福島原発事故から6年を迎えて思うこと

  この時期になると思い出す出来事に2つの大震災があります。

 先日、福島第一原発事故による被災者の自殺に関するレポートをテレビで見ました。避難先からいち早く故郷に帰り、張り切って農業を再開した夫婦がこのほど心中したとの報告でした。テレビカメラに向かい、以前と同じようにできればと、少しはにかみながら並んで希望を語るかつての姿も紹介されていて、胸にとても堪えました。東日本大震災から6年を迎えようとしている今、周囲の関心の薄れ、被災者の孤独の深まりを番組は伝えていました。

 電通の新人女性が自ら命を絶った事件により、昨年来、過労自殺に改めて焦点が当たっています。過労自殺の原因には長時間労働があるとされていますが、長時間労働とうつ病発生のメカニズムには未解明の点が残されているといいます。社員の労働力を利用するには危険が伴い、またこれにより事業を拡大し利益を得ている会社では、こうした危険責任や報償責任の考え方もあって、長時間労働が認められると、社員の自殺につき責任に問われる傾向があります。ただ、過労自殺の背景には、単なる長時間労働ではなく、孤独や孤立の闇を感じることは少なくありません。

 翻って、福島第一原発事故は、だれに、どのように帰責するのでしょう。故郷喪失ともいうべき被害の大きさ。耐えきれぬ責任の重さに、途方に暮れるばかりです。原発につき起り得るいかなる事態も制御できる態勢を作り上げることは困難というほかなく、原発事業を行う東芝の子会社が、規制の強化に伴い、多額の損失を出したことが最近明らかになったところを見ても、原発を維持する経済的合理性にも疑問を感じざるを得ません。原発の利用については慎重にというのが、健全な常識であると思います。

 さて、自分が被災者のためにできること? 法律相談のボランティア? 平凡な思いつきしかできないのが、歯がゆい限りです。

 

後藤 慎吾

UPDATE
2016.12.27

その他

今年一年を振り返って

今年8月の私の最初のコラムで本の執筆で大変だと書きましたが、その企画はようやくゲラの校正の段階まできました。素晴らしい体裁に仕上げて頂き、出版社・印刷所の方々には大変感謝しております。この本が取り上げる分野にフォーカスした書籍はこれまでにないことから、社会に意義のあるものになるのではないかと思っています。来年3月の刊行に向け、正月返上でゲラと格闘するつもりです。

 

さて、今年は3月に荒巻弁護士と共に独立し、法律事務所を立ち上げることができました。何とか今年を終えることができるのは、ひとえに周りの方々のご支援があってのことであり、感謝の念に堪えません。私が司法修習生時代に自分の将来のキャリアを考えたときに、①大規模事務所で経験を積む、②米国のロースクールに留学する、③自分の法律事務所を開設する、という3つを目標に定めました。①②を経て、荒巻弁護士というよきパートナーを得て、弁護士登録13年目にしてようやく③の目標を実現することができました。

 

独立してみてどうですか?と聞かれることがよくあります。自分のしたい仕事を思うようにできる。それだけでも独立する価値があると思います。他方でリスクを伴うのも事実です。弁護士過多といわれる時代に弁護士が集中する東京で独立するという選択は非合理的だ、という人もいます。それでも私は独立してよかったと思っています。毎日、新たな出会いがあるかもしれない、面白い案件が持ち込まれるかもしれない、そういう不確実性を楽しめるかどうかで心持ちも全く変わってくるものです。私は、どんなときでも何故か、まあなんとかなるだろう、と考えてしまう性分なようでして、こんな楽天的な性格が幸いしているんだと思います。

 

ありがたいことに今年は多くの素晴らしい方々との新たな出会いがありました。また、案件にも恵まれました。これまでに頂戴したご縁を大切にしつつ、来年も新たな分野にチャレンジし、法律分野においてもまた人間力においても研鑽に努め、社会に意義のある仕事をしていきたいと思っています。本年のご厚情誠にありがとうございました。また、来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

ページトップ